長年にわたって品質に焦点を当て、一貫性を保つ
——

I.S.F. Trading Companyは、米国最大のウニ加工会社の1つであり、米国に44年間住んでいる日本の出身である玉城によって私の国で設立されました。何年も前、I.S.F。の従業員はわずか20人で、購入したウニの約30%を扱っていました。品質への確固たるコミットメント、東アジア市場への前向きな姿勢、そして地域社会へのフィードバックと献身の精神により、同社は大きな成功を収めています。現在、ウニ製品の10%は、40人の労働者を雇用し、ホブソン埠頭にある同社の12,000平方フィートの倉庫で1日あたり5,000〜9,000ポンドのウニを処理する米国の国際標準化機構(ISF)によって処理されています。 。

メイン州のウニ産業を再定義します。かつてはウニの卵を海で加工することは難しく、利益も高くありませんでした。さらに、日本のバイヤーは卵の配達方法に非常に気を配っています。したがって、同社はこの取り決めの費用が高すぎることに気づきました。しかし、同社が日本で海の新しい市場を創出したため、状況は変化しました。メイン州でウニの卵を加工し、低コストで包装することにより、メイン州はグルメショップよりもはるかに少ないウニの卵を販売することができます。この新しいクリエイティブなパッケージはプラスチック製で、玉城は従来の産業で使用されていた木製パレットをプラスチックバレルに置き換え、輸送コストと労働者のスキル要件を削減しました。この方法は、メイン州のシーフードの加工に技術的な変化をもたらし、ウニの卵を日本で低価格で販売される手頃な価格の商品にしました。玉城さんのウニ事業の根強いおかげで、50年前にはほとんど価値がなかったウニが、アカザエビやタラに次ぐ、近年、州で最も価値のあるシーフード製品の1つになりました。

「シーフードビジネスは常に行き来している」と玉城氏は簡単に手に入れることはできなかったと語った。 「水産業界の発展は必ずしも順調に進んでいるわけではありません。ISFは、豊富な経験、専門知識、革新的な能力により、市場の嵐に耐え続け、新しい開発の旅を歓迎し、常に新鮮なものを提供する最も安全な食品と優れた専門的なサービスが私たちのバイヤーです。